--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’10.06・Tue

仙台旅行こじゅうろうまつり2

今まで自分の祖先のこととか気にしたことなかったのですが、十六代目に言われてもしかして本当に私の祖先も伊達家と関わりがあったのかも……と思って、母親に聞いてみたら、なんとドンピシャでした。
母親の父親の母親は東北にある某城の姫君だったそうです。
え、姫君って……え!?( ゚д゚ )
しかもその城を辿って行くと、本当に伊達家(+最上家)が関わっていたということを知り、本当に心臓が飛び出るかと思いました!!
ネットの力って偉大です。
廃城年も確かに一致する……
嘘のような真の話って本当にあるんですね。
素敵な苗字だなとは思っていたけど……城の名前になるほどそんなに有名だったんだ……
祖父の父は我儘姫君の元に養子として入ったからこの苗字だそうです。
驚愕の事実に思わずMさんに電話してしまった。夜中にごめん(笑)
てかそんな面白い話なんで今までしてくれなかったんだーっ!
今度十六代目に会ったら話さないと、と思いました。

 *

っと、話は旅行に戻して。
二日目は8時に起きて、バイキングを食べて、10時半に旅館を出て、白石に向かいました。
仙台から白石に向かう電車の中で明らかに同類な4人がいて、お互いチラチラ見てました(笑)
そういえば前日の青葉城でも明らかに同類な女二人組が10組くらいはいましたね。
多分08年より今年のがバサラファン多いんじゃないかな~。

1003.jpg

じゃーん。
着いた途端、ラッピングバスが目に入りました。
流石です白石!
タクシーにも乗ってみたかったけど、残念ながら順番が違ったので諦めました。

1003-1.jpg

じゃーん。
再びセッティングされているラッピングバス。
なんというファンサービス。
バサラファンもここまで来ると隠すことなくバスを撮りまくります。

で、肝心のお祭りなのですが……
着いたのがギリギリだったため、残念なことに全然見えなかったYO!!!(笑)
イベントはかなりの人がいて盛り上がってました。
想像以上の人です。まるで人がごm
もっと早く行くべきだったと後悔です。
私たちみたいに見えなくて困ってる女性がたくさんいましたぜ~。
たまにチラっと甲冑が見えるだけで、後は解説の声ばかりorz
というか……バサラファン多くないですか!?(笑)
ざっと見て、300人くらいはいたんじゃないかな。
DATE軍ツアーで見たことのある人も見つけちゃいました(笑)

イベント後はメイトコーナーでDJCD小十郎特別版の予約をしてきました。
カードは慶次とのやつでしたね。
発売が待ち遠しいです。
そして御土産売り場に群がる女性陣、レジの行列……
見たことある、見たことあるぞこの光景!!!
DATE軍ツアーまんまやーーーん!!!(笑)
みんな大量のバサラのグッズを手に持ってました。いや~ここまで公認だと有難いってもんです。
白石だいすき!
6月にたくさん買ったから今回は買わなくていいや~とか言いつつ、私も買ってしまいました。

1003-2.jpg

だってさ!ポテチとかぶどう糖とか都内じゃ売ってないのが沢山あるんだもーっ!
買うしかないじゃないか!
小十郎の切手も売ってて、何気にコレクションしている私はすぐさま飛びつきました。
東北限定のシールも思いのほか早く作れました。
小十郎プラザにもようやく行きました。
まるでバサラファンホイホイのように駅に向かっていたおなごが全員プラザに吸い寄せられて行く様がおもしろかったです。
小さい店なので混んでて中に入れないし(笑)
入口の外伝パケの看板がホイホイでしたね。
あと、どうしても食べたかった政宗弁当。

1003-4.jpg

新幹線で食べました。満足です♪
とまあ、目当てだった小十郎祭りのメインイベントはあまりよく見られませんでしたが、
他がとても充実していたのでとても楽しい旅でしたvv
御土産売り場が一番テンション上がったかも!(笑)
次に行くのは来年だと思います☆

CategorieBASARA  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。